愛車を高く買取してもらうにはきれいに磨き上げましょう

長年乗ってきた愛車を手放すとき、できれば少しでも高く買取してもらいたいですよね。

 

私が以前買取してもらったときの話ですが、まずはインターネットの買取査定サイトより複数社に一括見積の依頼をしました。

 

そこで、買取金額の高い上位3社くらいに電話をかけて、実際の査定をしてもらうことにしました。

 

なるべく高く査定してもらいたかったので、買取店へ行く前に愛車をきれいにすることにしました。

 

やったことは、なんといっても洗車です。普段使用しないような撥水コートがかかる洗車コースを選びました。

 

普通の洗車と比べても数百円の違いですからここは惜しまず利用した方がいいですよ。

 

ひと通り外回りを磨き上げて、室内のほこりなどもふき取り、窓もきれいに磨き上げました。

 

あと注意した方がいいのが、タイヤのホイールです。普段からきれいにされている方なら大丈夫かもしれませんが、長年の泥や砂などの汚れの蓄積で、結構黒ずんでいるんですね。

 

研磨剤とウエスできれいに汚れをふきとり、ピカピカな感じを出しました。

 

実際に買取店の査定の時も、「きれいに保たれているんですね」という言葉が出てきましたので、愛車への感謝の気持ちを込めて、最後はとことんきれいにしてあげましょう。

 

無事に査定が終わり、買取の話が進むと必要書類の話になると思います。ここが結構面倒だったりします。

 

私もそうだったのですが、車検証の名義がディーラー系ローン会社になっていました。

 

名義がローン会社になっていると、売却する前に名義を自分へ変更しておかなければなりません。

 

変更手続きはローン会社によって異なりますが、ほとんどの場合、ローン会社から手続きに必要な書類が郵送され、それを記入して返送すれば完了します。

 

私の場合、2週間ほど名義変更に時間がかかりましたので、もし名義がローン会社になっている場合は、買取査定の見積依頼のときに、あらかじめ問合わせておいたほうがいいですよ。