子供のもので不要になったものを買い取ってもらいました

子供はすぐにあきるし、すぐに壊すので大変助かっているので今後も利用したい

子供がいる家庭なら皆さん同じ様な経験はしていると重いますが、DSは今ではほとんどの子が持っています。

 

我が家の子供も同じように持っていますが、DS本体も昔と違って大きさや種類が次から次に出てきて、友達が新しい物を買ってもらったとか、新しい物が出るとまだ使えるのに新しい物を欲しがります。

 

そんな時に今までは使わなくなった物は、家に置いていましたが、レンタルビデオショップでゲームなども取り扱いしているのでそこで、買い取ってもらえるサービスがありました。

 

頻繁にレンタルはしに行っていましたが、実際に買い取ってもらった経験はありませんでしたが、持ち込んでいる人は何回も目にしていたので、利用してみようとおもいました。

 

使わなくなったソフトは置いていてもまた使う事が無かったので、買い取ってもらって、そのお金で新たに欲しい」と言っているソフトを購入させようと思いました。

 

傷もなくて問題が無かった事もあって、無事に引き取ってもらう事ができました。

 

子供は新しい欲しかったソフトが手に入って、親はいらなくなった物が現金に変わって、次に買う時のお金の負担が減らせて一石二鳥だと喜んでいます。

 

こんな事ならもっと早くに利用すればと思っていますが、今後も利用したいと思っています。

子どもが成長して使わなくなったチャイルドシートを買い取ってもらいました

子どもが成長をすると使えなくなるものが増えていきます。

 

新生児の頃から使っていたチャイルドシートがその1つです。4歳~5歳くらいまで使えるというふれこみでしたが、チャイルドシートのベルトが短くなってきてベルトをロックすると子どもの体がぎゅうぎゅうに、縛られているような状態になってしまいました。

 

まだ2歳半のこと。チャイルドシートをは卒業してジュニアシートに替えなくちゃと思い、リサイクルショップへ持って行きました。

 

買い取ってもらいました。

 

二束三文で買い取られるのだろうと思っていました。

 

高く購入しても数百円レベルで買い取られるのだろうと思いましたが、持ち続けても場所を取って邪魔だし売ってしまおうと腹をくくりました。

 

買い取り金額は考えていたより高く5500円でした。

 

メーカーがアップリカで現行商品だということが買い取り金額が高くなった理由だそうです。

 

チャイルドシートを買い取りしてもらったリサイクルショップで次に使うジュニアシートを購入しました。

 

チャイルドシートの買い取り金額でお釣りが出ました。

 

子どもが使うものは成長に応じて使う期間が限られます。

 

すぐに使えなくなるものがたくさんあります。

 

そんな時はリサイクルショップを利用して購入したり、買い取りしてもらおうと思いました。